金持ち父さんが従業員を勧めた理由|不動産投資家育成プロジェクト in 熊本

シェアする

杉上開発の安東です。不動産投資というものに火が点いた一つのきっかけはロバート・キヨサキさんの『金持ち父さん 貧乏父さん』という著書でした。そのロバート・キヨサキさんを育てたとされている親友マイクの父親、金持ち父さんはかつて、ロバート・キヨサキさんに従業員になるよう勧めていました。「お金持ちはお金のためには働かない」という第一ルールがあったにも関わらずです。

以前3つのプランを説明した際にも、「安心のプラン」「快適のプラン」「金持ちのプラン」で言うところの「安心のプラン」は従業員になることでした。安定した給料が入ってくることをそう表現したわけですが、さて、ではなぜ金持ちになるためにそのステップが必要だったのか。それを今回紐解いていこうと思います。

ロバート・キヨサキさんという”金持ち父さん”の教え

まず最初に衝撃的なお話をさせていただくと、実はロバート・キヨサキさんの著書に登場する「金持ち父さん」はフィクションだったということです。つまり、そんな人など存在せず、「金持ち父さん」の存在はロバート・キヨサキさんの作り話であったということ。私はそれを最近知ってなかなかなショックを受けました(笑)

しかしそうは言っても、彼が世界に与えたインパクトは大きい。不労所得というキーワードをしっかりと私たちに刻み込んでくれたからです。何かを売るにはストーリーが大事だということを、彼は知っていたのでしょう。私たちがお金を払うのはそのストーリーなのです。

そんな金持ち父さんを生み出したロバート・キヨサキさんが、ある時従業員になるステップを経ます。当初は給料の安いアルバイトとして、その後は給料すらないアルバイトとして教えを諭されたとする彼は、大人になってから従業員を経験しているのです。

しかしこれは給料が目的ではありませんでした。お金持ちはお金のためには働かない。では何のために働いたのか。それは「学び」です。彼の場合は営業スキルを学ぶためにゼロックスという会社に入りました。自分にとってどんな学びがいま必要なのかは人によって異なりますから、その必要な学びのために従業員をする。その結果として生活を安定させるためのキャッシュフローもできる。これが3つのステップのうちの「安心のプラン」だったというわけです。

従業員の次をどこまでイメージできるか

お金持ちになるために従業員になるという場合、その従業員の次にくる「金持ちの自分」をどこまでイメージできるかが重要です。ステップがもっと小刻みであっても構いません。その次にくるステップがこうで、その次にこうで、それが終わってようやくお金持ちでフィニッシュ!ということでも良いのです。問題は安定した給料を得るために従業員を選んだわけではないという確たる意識が必要だということ。

でも給料が安定してくると、それを手放すことへの抵抗が生じます。せっかく仕事にも慣れてきたし、何もしなくても給料が入ってくるのに、これをまた手放してまでリスクを取るのか!?そこで迷いが生じることになるのです。

ここに「次」をイメージすることの大切さが関わってきます。本来の目的を失わないようにするため、自分の判断、決断の基準を明確に持っておくためです。

お金持ちになるためにはお金持ちのマインドになるしかありません。お金持ちになったらお金持ちのマインドになる、のではないのです。先にマインドが変わってから現実が追いつくのです。ですから現在従業員をされている方も、自分がお金持ちになるためのどういうステップとして今の過ごし方を意識するかで、今の仕事との付き合い方がガラッと変わります。

日本の社会は従業員に優しい

日本の税制度を考えても、従業員に優しい国であると言えます。それこそ学校教育自体がサラリーマンを育成するための仕組みですから、社会通念上サラリーマンが優遇される国になっていることは至極自然なことではあるのです。

すると、安定して給料が入ってくる従業員の方が、銀行としてもお金を貸しやすい属性と言えます。当然返済の額にも依りますが、公務員が最も安心してお金を貸せる相手であり、その次には公務員以外の一般企業サラリーマン。ボーナスや退職金も見込めるという意味では取りっぱぐれリスクがありません。

ですから、サラリーマンのステップで上手くお金を銀行から借入することができれば、さらに戦略が広がりますよね。口外することがないとしても、将来的には会社を抜けることを考えているとしたら、その立場とメリットだけはしっかり活用して、自分のお金持ちへのステップに活かさねば、ですよね。

ですから、そういった意味でも、安心のプランは「就職」ということになっています。

急がば回れ。まずは従業員という立場から、確実にお金持ちへのルートを進んで行きましょう。今の状況よりも、数年後の自分が大事です。今よりも将来。将来何かをなそうとする時には、その過程で何かを捨てることも、必要なのかも知れませんね。

シェアする

フォローする