不動産投資にふさわしいマインドの育て方|不動産投資家育成プロジェクト in 熊本

シェアする

杉上開発の安東です。最近黒髪のアパート物件に関するネタが多いのは、自分が行動しながら得た学びを共有したいからなのですが、それこそこの物件は3000万円規模の案件に過ぎません。初めて買おうとしている物件が3000万円なので「決して安くないし、失敗しないように慎重に慎重に」とこだわってしまうこともあります。私が実際そうです。

しかしちょっと冷静になってみると、高々3000万円程度の案件に気を揉まれ過ぎだなと最近思うようになりました。これは傲慢というよりもマインド的に低くなっていた自分に気付いたということです。

そこで今回は不動産投資に必要なマインドをどう育てていけば良いかという点についてお話をしていきたいと思います。

不動産投資にはマインドが重要!

マインドというのは、モノの考え方や発想の仕方のことを言います。このマインドが低いと、考え方も狭くなり、発想も貧困になりますが、逆にマインドを上げることができると、考え方も広く高くなり、発想も豊かになります。

例えば私が最近関わっている黒髪のアパートの物件ですが、それが言っても3000万円程度です。”たった”3000万円です。この”たった”が重要です。あえて言っています。これは私にお金があるから余裕綽々で言っているのではありません。お金が舞い込んでくるのはこれからです。しかしその前に自分にお金が舞い込んでこれるようにマインドを上げて待ち受けておかないといけないのです。

もし私がこの案件に対して「初めての物件で3000万円も。これは失敗できないぞ。でも自分は素人だし。大丈夫なんだろうか。こんな当たり前の質問していいのかなぁ?こんなこと聞いて『そんなことも知らないの、この人?』なんて思われないだろうか?」なんて貧相な考え方をしていたら、成功するものも成功しません。実際この物件はあまりこだわりすぎない方がいい物件だという結論に至るかも知れないけれど、それはあくまでも”冷静な”判断であるべきです。

自分が素人だと思えば素人発想にしかなりません。3000万円という価格にびびっていれば、3000万円の案件でさえも上手くコントロールできません。マインドを上げて、まずは不動産投資家として振る舞うのです。「初めてですが何か?」くらいで良いのです。不動産投資家としてこれからなのですが、今バンバン稼いでいらっしゃる方も最初はゼロなので、ゼロであることは全く気にする点ではありません。

不動産投資家マインドをどう育てるか

今の私は3000万円の案件を中心に考えているので、「最近のMAXが3000万円」みたいになっていましたが、それこそファミリー向けマンションの1部屋の月家賃は6万円とか8万円とか。それが40戸入ったマンションを持っているとすれば、そのマンションからの月の家賃収入は6万円で計算して

60,000×40=2,400,000

これを12ヶ月に広げると年間で28,800,000円です。1棟のマンションから得られる家賃収入が、今回の黒髪のアパート1棟分になってしまいました。そしてこの先であなたはこのレベルのマンション物件をバンバン購入していくことになるわけですから、そこからすれば高が3000万円の物件でそこまでこだわる必要ある?と考えてみるのです。

すると、この物件が魅力的な物件であれば買い。そうでなければ即手放して次の可能性を探る。という判断がスピーディーにできます。私の場合はあえてこだわっているのは、知識を増やしたいから、そしてリスクフリーで成長したいからです。

ですから、素人なりの自己認識はできているのものの、その素人な自分からプロの不動産投資家になるためのプロセスを最短にするために、今あえてこだわって見てる、という感じです。

自分だったらという主観的な発想を脱却して、プロの不動産投資家だったらどう考えるかといった視点から自分の発想を組み立て直すこと。それがマインドアップに必要なことです。

不動産投資家マインドを最速で育てる方法

それが正に「行動」です。結果を気にせず行動することがマインドアップを最速にする方法になります。

座学ではダメです。ただ物件をネットで探して情報を集めて、サイトでシミュレートして数字をカチカチするだけでは成長しません。やはり行動あるのみです。

行動すると何が起こるか。それは「予想外」「想定外」です。自分の立てた仮説が「間違っていますよ」と言われる事態が100%起こります。そして、それが必要なのです。

マインドを上げるにしても、自分が素人である事実は変えられません。そこは真摯に受け止めなければなりません。そしてネットで検索して調べて考えて「こうではないのか?ああではないのか?」と仮説をひとしきり立てたら、その答え合わせをしに行かなければなりません。

結果「そうではありません」と言われたら凹みますか?いえいえ、「なるほど!」です。間違っていいのです。間違いを正すために行動するのですから、「あなたは間違っている」と言われることは有難いことになります。

それこそ大人になれば明確に叱られることなんてめっきり減ってしまいます。喧嘩するのも面倒臭いし、どうせ指摘したって険悪なムードになるだけだから無難に対応しよう、と考える人が多いのが世の中です。ですから自分が間違っていることに「それは違うんです」と言われる機会なんてほとんどありません。しかしそれは良い事ではなく、むしろ困る事です。

ですから、まずはマインドを引き上げる際に必要なのは「そうじゃない」と言われた時に怒らないことです。イラッとしないこと。いちいち気にしないことです。そうすることでモチベーション低下を最低限に抑え、行動効率を最大に保つことができます。

人は行動した分だけマインドが確実に上がっていくものなのです。

シェアする

フォローする