金持ちのプランは段階に分けて達成せよ|不動産投資家育成プロジェクト in 熊本

シェアする

杉上開発の安東です。前回の記事では私の年収目標額10億円をどうやって作っていくか、という暫定シミュレーションに付き合っていただきました。

まだまだ足りない知識の中で組み立てているので穴ぼこだらけだとは思いますが、もがくことをやめた時点できっと夢への道は閉ざされて行くと思いますので、まずは正否にこだわらずに思考を巡らせて、それを詳しい方にぶつけてフィードバックをもらいながらブラッシュアップしていけたらと思います。

なお、前回の記事では書けなかった内容を今回は補足して行こうというスタンスなので、ご興味あられる方はご覧下さい。

快適のプランと金持ちのプラン

以前お話しした内容に3つのプランというのがありましたね。「安心のプラン」「快適のプラン」「金持ちのプラン」。この3つのうち「快適のプラン」と「金持ちのプラン」は線引きが難しかったんです。

それこそ安心のプランでは、必要最低限の金額を不労所得から賄おうという趣旨で不動産投資を組み立てるというものでしたが、快適のプランでは、自分が「これくらい月に余裕があったら快適だな」と思えるプランだったわけです。問題はこの「快適さ」の幅が見えにくい点です。

かく言う私の場合は、自分の趣味にしているディズニーコレクションを収集することを考えると、月に100万円は欲しいところです。マーベルのフィギュアなんて1体5万10万普通にするので、それを何の気兼ねなく買い続けるためには毎月100万円は必要です。

でも快適さとは贅沢ともかぶる概念なので、要は金持ちのプランと地続きなのです。つまり金持ちのプランは快適のプランの延長線上にあると言えます。

「年収10億の作り方」の補足

そこで前回、その延長上にある年収目標10億の話をベースに、どうその10億円を作りにいくかを現実的な視点から検証していきました。まだ知識が大いに欠ける段階で、どれくらい”現実的”と言えるかは甚だ疑問ですが、まずは今の段階で想定できることを考え、足りない部分を詳しい方に埋めてもらおうと言うスタンスでもがきましょう、という感じでお付き合いいただきました。

例えばそこにフランチャイズを買うのはどうか、というものがありました。コンビニは普通のサイズのものでも年間の売り上げが3億ほどあるというので、それこそコンビニ3持っておけばそれだけで年商9億ですよね。もし目標が年商10億なら、もう間も無く手が届くレベルです。

問題はそれが「年商」であって「年収」ではない点。コンビニも年間の”売り上げ”が3億だとしても、その純利益がどの程度かは店舗運営次第です。ですから、どこまで正確に計算していくかで全く見えてくるものが違います。

また、他の方法を考えるならビジネスを考えるのも手だと言う話が実は記事にはしていない部分で出ていました。年収10億となると上場する規模になるでしょう。当然会社を上場させるということ自体が相当ハードルが高いので、可能性として頭に入れるくらいに止めました。

この、可能性そのものがどんなに小さな案でも、それを排除せずに選択肢として残しておくことは非常に重要です。その選択肢は、今使えなくても、いずれ使えるようになるかも知れないからです。

どんなに大きな目標でも叶うようになる発想

今と将来は確実に繋がっています。違いは目の前にあるのか、これからそこにいくのかです。将来に何が起こるかは分かりませんし、どんな世の中になっているのか、どんな新しい手法が生まれているのかも分かりません。それこそ不動産投資に関して言えば不動産市場がどうなっているのかも、全くとは言えないまでも、分かる範囲は限られています。

ですから今と将来が繋がっているからと言って単純に1本で繋げて発想しない方が良いということです。

今と将来で違うのは、今と将来のあなたの状況もそうです。今できることでも将来はできないこともあるし、今できないことでも将来できるようになっているかも知れないことがあります。今は素人でもそのうち不動産投資のプロとして活動していることでしょう。そうなれば今ない発想もできるようになっているし、今できないことにも手を出せる状況になっているかも知れません。

ですから、どんなに大きい目標でも良いので、それを短絡するのではなく長期視点で捉えて階段状に繋げてあげることを考えましょう。段階的にステップを踏んで上がっていくのです。

一歩一歩確実に進めましょう。コツコツ、という言葉は私も嫌いなので使いたくありませんが、とにかく1つでもいいから不動産投資のためにできることを毎日積み重ねるということです。どんなに小さなことでも、毎日続ければ必ず積み上げられて目に見えるレベルになっていきます。

今は小さな戸建案件やお買い得なアパート物件、そのうちRC1棟マンション、そのうち株で倍々ゲーム、そしてフランチャイズ、そしてビジネスの上場や海外物件への投資など、とにかく何段にしても構いません。自分の歩みやすい階段を作って、確実に前進していきましょう。

今日お伝えしたかったメッセージはこれです。

シェアする

フォローする