学校では教えてくれないお金の話|不動産投資家育成プロジェクト in 熊本

シェアする

杉上開発の安東です。今回は私の本業である「勉強」に絡めてお金の話をしていきたいと思います。

実際学校ではほぼお金の話は教えてくれないですよね。借金の仕方やお金持ちとは何か、働かなくても生きていける方法などは、全くと言っていいほど議論されない。ましてや不動産投資の云々なんて話は一切出てきません。

しかし現実としてそういう話がかなり大事なわけです。返済のバランスを崩して破産する人もいるし、奨学金の返済ができずに苦しむ学生もいるし、お金に困窮して日々が辛い人もいます。そういった社会があることを暗黙のうちに避けて、そういったリアルに関する教育はせずにひたすら税金を収めてくれる人材を育成するのが今の学校の在り方です。

そこで今回は、学校では教えてくれないお金にまつわる話をまとめてご紹介してみたいと思います。なお、この記事では今後のキャッシュレス社会や仮想通貨の話ではなく、不動産投資に絡む話に限定して展開していきます。

学校では教えてくれないお金の話

まず私が気になっているのは、お金に対する学校の洗脳教育です。「洗脳教育」なんて言葉を使うと「学校が洗脳なんてやってるわけないでしょ」と思われるかも知れません。

しかし熊本の方であれば一度は見かけたことがあるはずです。上通りアーケードに並べられた「正しい納税」の書き初め展示を。小学生に納税を「正しい」と教え込むのは洗脳教育以外の何ものでもありません。

確かに国民の三大義務の1つが納税ですが、税金をしっかり納めましょうという教育をする割には、お金の問題に対する事前教育はしないのです。借金の仕方や奨学金の返し方、返せなくなった時の相談方法などは授業ではしません。

そしてお金の稼ぎ方も教えてはくれません。就職する以外の道を示してくれる人が学校や塾の現場にいないのです。

これは学校や塾にいる人が基本的に、社会を知らない人だったり、自身がサラリーマンだからだと考えられます。学校の教師は、大学を卒業する前に研修があって、教員採用試験を受けて配属が決まり、そのまま学校で教育者となります。そのせいで就職活動もしませんし学校以外の業界のこともあまり知らないこともほとんどです。ましてや起業した人もいないでしょう。

中には投資で儲けている教師もいますがかなりのレアケースかと思います。つまりお金に関する、いえ、お金を稼ぐことに関する教育は学校でも塾でも受けていないということです。

学校でお金の話を積極的にしない理由

これはおそらく予想はつくかと思いますが、やはりお金のための何かを教えるという行為が教育者として「賤しい」と考えるからでしょう。お金お金と煽るのも、お金を稼ごうと焚きつけるのも、借金を上手く使って楽に稼ごうと先導するのも、教育的ではないと考えられているのかも知れません。

しかし実際には、お金によって多くの人が苦しんでいる。それこそ、せっかく奨学金という借金までして勉強環境を手に入れたのに、勉強した結果返済計画を維持できるような働き方ができずに、結局その借りた借金の重みで生活苦に転じるとか人生狂わされたりする人が後を絶ちません。中には、それが女の子であればカラダを売るしかなくなったという人もいる。

それから別の角度から考えると、教育制度そのものが愚民政策だとする政治家の発言もあったように、あまりお金について詳しくなられても困る、というお国の事情もあるようです。起業したり投資で稼いだりされるよりも、ちゃんと企業か公務員に就職してもらって安定した納税システムの中で大人しく過ごしてほしいという意向があるのかも知れません。

そういう理由でもなければ、ここまでお金の問題が人生と切り離せないのに学校でお金のことを教えようとしないことは説明できません。英数国社理の勉強よりもよっぽど大事な学びです。

学校でお金の話をしなかった結果起きていること

すると必然的に情報格差が生まれますよね。お金について真剣に学ぼうと思った人と思わないで過ごしている人と。

なんせ学校では英数国社理を嫌という程させられて、もう勉強なんてしたくないというテンションになっています。やっと学校を卒業して勉強から解放されたのに、大人になってまで勉強してたまるかとなる。

すると自身の判断で勉強する者としない者に分かれてしまいます。そして勉強しようと思う人は少ない。だから稼げる1部の人と、稼げないその他大勢になる。

この「稼げる」か「稼げない」かは誰が選んでいるかというと、学校教育、ではなく、紛れもないあなた自身です。自身が「稼げないのが自分」「いまの自分が自分」と思っているだけなのです。だから「稼げる自分が本当の自分」「いまの自分はまだ本来の自分になれていない」と考える人になれれば、次の一歩を踏み出せます。踏み出せないのは学校から受けた洗脳教育の影響だと思って下さい。

脳内の富へのリミッターを外して欲しいというのは、こういうことでもあるのです。

シェアする

フォローする