ざっくり「お金持ちのプラン」を作ってみよう!|不動産投資家育成プロジェクト in 熊本

シェアする

杉上開発の安東です。いよいよ3つのプランのうち「お金持ちのプラン」を作ってみたいと思います。

「お金持ちのプラン」は「快適のプラン」以上に幅が広いです。それこそCFGの”ファーストトラック”に抜けるところからどこまで上げていきたいか、というあなたの理想ラインまでが幅になるからです。そしてその理想はまさに青天井。

ですからここからはさらに自由な発想で夢を描いていきましょう!

いざファーストトラックへ!

CFGにおける”ファーストトラック”とは、お金持ちのコースと呼ばれています。内側にある”ラットレース”から抜け出して”ファーストトラック”へ移行するためには、ある条件をクリアしなければなりません。それは

不労所得>総支出

です。それこそ「快適のプラン」で考えた「あんなこといいな、できたらいいな」に掛かる支出まで含めた全ての支出を、不労所得がペイしてくれるラインを超えるその瞬間が、”ファーストトラック”へと抜ける瞬間です。

これは何を意味するかというと、使っても使ってもお金がなくならない状態になったということです。働かなくても働いてもどっちでもいい。なんならニートになってもいい。とりあえず死ぬまでお金に困らない状態ということになります。これがお金持ちの定義です。

ですから、当然その前の段階である「快適のプラン」の設定も重要になってきますし、その「快適のプラン」の設定金額が低ければ、その分早くお金持ちになれるということです。

かと言って、お金持ちプランに合わせて快適のプランに手加減を加えるのは本末転倒なので、あくまでも自分の理想に合わせた形で、順番的には「快適のプラン」を満たしてから「お金持ちのプラン」を設定する、という流れで考え、その上で具体的なお金持ちイメージ(あなたの成功イメージ)を描いていきましょう。

無限の世界で自己満足にチャレンジしよう

さて、一旦”ファーストトラック”に入ってお金持ちになってしまうと、働かなくても生きていけてしまいますが、問題はそこから先の世界の生き方です。ここから先はもはや自己満足の世界となります。

何しろCFGをやっていただくと分かると思うのですが、”ラットレース”を抜けて”ファーストトラック”に入ると、それこそ収入の桁が変わります。増やそうと思えば加速度的にお金が増えていきます。そしてゲームも現実も同じです。一旦お金が減らなくなると、お金の回し方そのものが根本的に変わってしまいますので、どれくらいのお金持ちになろうとしているか、その桁をどのあたりに設定するかという話になります。

例えば与沢翼さんなどはその設定している額が常人とはまるで違うと思われます。それこそ年収は何億、何十億の世界ですし、最終的には日本一の投資家といったラインを設定していると思います。

私の場合は年収10億ですが、これも色々リアルに詰めていくと、10億でも足りないかも知れないと感じることがあります。というのも、仮にこの金額が税引き前の金額であれば、それこそ手取りは3億程度。これだとイメージしていた生活には及びません。計算が狂ってしまいます。

ですから、それこそあなたの年収を億(ミリオネアライン)にするのか何十億(ビリオネアライン)にするのか、はたまた3千万にするのか5千万にするのか。あなたの心が決めるということです。

あなたの稼ぎたい理由はなんですか?

では一体どのくらいの金額をあなたは望んでいるのか。そこには潜在的にブレーキが掛かっている部分もあるので、そのブレーキを外していただきたいというのがあります。この点は以前の記事を参考にされてみて下さい。

例えばここのライン設定も、あなたが稼ぐ理由や目的を明確にすることではじき出すことができます。なんのためにその金額が必要なのか、ということが分かれば、ただの金額設定以上の意味を持つようになるからです。

それこそ今のあなたの理想をイメージして

・海外に別荘が欲しい

・家族で毎年海外旅行に行きたい

・高級車が欲しい

・自家用ジェットが欲しい

・今の家をもっと大きな家に買い替えたい

・学校を立ち上げたい

・会社を立ち上げたい

・財閥を作りたい

・息子、娘に最高の環境を用意してあげたい

・エンジェル投資家になりたい etc.

といった色んな理想があると思うのです。その理想に必要な金額を出してみると、リアルな金額が算出されます。そしてその金額がリアルであればあるほど、脳はそのリアルイメージに現実を引き寄せようとするので、より現実味が高まります。

それから、もし設定金額が決まったら、それを紙に書いて貼っておきましょう。この「紙に書いて貼る」をやると実現しちゃうんですって話は色んな方がされています。実際私もそれをやっていますが、金額こそ年収10億を設定しているのでまだ達成できてませんが、状況は確実に毎年毎年更新されています。これも脳への刷り込み効果なので、やらない手はありません。

とにかく自分にブレーキを掛けずに、無限の世界に自由に目標を立てて、あなたの自己満足を全力で謳歌していきましょう!

シェアする

フォローする