知っているようで意外と知らないハロウィンって何?

シェアする

毎年10月31日はハロウィンで、その日が近づくとお店にはハロウィン関連グッズのコーナーが設けられたり、お菓子などのパッケージにもハロウィンの絵が載っていて、いろんなところで目にするようになりました。

ハロウィン当日には、コスプレの衣装に身を包んで街に繰り出すのをテレビのニュースなどで放送されています。

しかし、そんな人たちに「ハロウィンって何?」と尋ねても、詳しいことはよく知らないという人が意外と多いのです。

ハロウィンとはもともと何か、なぜ10月31日なのか、そして日本コスプレや仮装は外国とどのように違うのか、そんなことを紹介していきます。

そもそもハロウィンとは?

日本では若者がさまざまな格好をして街に集まって賑わうのをテレビのニュースなどで目にするので、ハロウィンはコスプレイヤーのお祭りではないかと勘違いしてしまうほどです。

しかし、本来のハロウィンとは現在のアイルランドにいた古代ケルト人が秋の収穫を祝い、同時に悪霊や魔女などを追い払うために行っていた風習がもととなっていると言われていて、当時は宗教的な要素を持っていました。

ケルト人は1年の終わりが10月31日と考えていて、この日が秋の終わり、冬の始まりでもありました。

この日の夜は死者の霊が家族を訪ねてくると信じられていましたが、悪霊や魔女も一緒に降りて来るので、これらから身を守るために魔よけの焚火や仮面を被るなどしていました。

死者の霊が家族を訪ねてくるというのは、日本のお盆に似ています。

日本でもお盆には玄関先にご先祖様が分かるように、家紋の入った提灯を下げる風習があります。

ただし、お盆にはハロウィンと違って、悪霊などが下りて来るという考えはありません。

その後、この風習はヨーロッパ各国やアメリカにも広がりましたが、その時に本来の宗教的な要素は次第になくなっていき、仮装を中心としたお祭り行事として行われるようになっていきました。

特に子供たちは仮装して、「Trick or Treat(トリック・オア・トリート)」、直訳すると、「いたずらか、それともごちそうか」、つまり、「お菓子をくれないといたずらするよ」という意味の言葉を唱えながら近所を回り、お菓子をもらう習慣があります。

子どもたちが訪れた家では「ハッピーハロウィン!」と言ってお菓子をあげます。

ただし、お菓子をあげるのを断る家もあって、その時は子供達には「いたずら」をする権利が生じます。

お菓子を断る家はわざと断って、子供たちがどんないたずらをするのかを楽しみしていることが多いようです。

いたずらといっても子供たちがするのは可愛いいたずらで、許される範囲のものです。

逆に、訪ねて行った家の人が仮装したりして子供たちを驚かすこともあるようで、トリック・オア・トリートも楽しいイベントのひとつになっています。

日本でもやっているところはあるようですが、こちらは仮装やコスプレほど広まってはいないようです。

近所付き合いがなくなってきたためでしょうか、ちょっと寂しいですね。

日本では今や仮装やコスプレがメイン!?

日本でははじめはハロウィンというものはあまり知られていませんでした。

日本でハロウィンが知られるようになってきたのは、やはり東京ディズニーランドが筆頭ではないでしょうか。

東京ディズニーランドをはじめ、各地でハロウィンのイベントが開催されるようになって次第に認知度も上がっていきます。

さらに2000年以降はお菓子メーカーがハロウィン商戦を繰り広げて、ハロウィンのパッケージなどを身近に見るようになったことも要因の一つと言えます。

こうして認知度が上がると、本来行っていた仮装をして街に集まる若者が次第に増えてきました。

もともと仮装をするのは悪霊や魔女を追い払うことが目的なので、怖い恰好をするのが一般的で、欧米では魔女やゾンビ、ドラキュラなどの仮装が多く見られます。

しかし日本ではそのような仮装だけでなく、人気キャラクタのコスプレなどをしている人も多く見かけるようになります。

魔女やゾンビなどではなくコスプレが増えてきたのも、ハロウィンの意味をよく知らないことや、ハロウィンが単に仮装して楽しむお祭りとして広がっていったことが大きな理由です。

ここ数年のハロウィンの盛況ぶりはますますエスカレートして、渋谷の交差点にかなりの人数が仮装して集まったために、道路上に溢れ出して交通が麻痺し、警察官が出動することにもなったのは誰もが知るところでしょう。

今や地方でも数多くのハロウィンイベントが開催されて、いろんな格好の人が集まる一大イベントとなっています。

ハロウィンと言えばかぼちゃランタンやお化け~イラストや折り紙にも

町でよく見かけるかぼちゃやお化けなどのハロウィングッズ、もともとは古代ケルト人の悪魔除けから来ているのですが、ケルト人は当時、かぼちゃではなくカブなどをくり抜いてランタンを作っていました。

かぼちゃになったのはアイルランドで大飢饉が起こった時、多くの人がアメリカに移住しました。

移住したアイルランド人によってハロウィンがアメリカに広がったのです。

ただ、アメリカではカブがあまり馴染みがなく、カブよりも多く収穫される上に中をくり抜きやすいかぼちゃが使われて、それが広がったため、今ではかぼちゃが一般的になったのです。

ただし、ハロウィンの発祥地であるアイルランドやスコットランドでは今でもカブでランタンを使っています。

このランタンには「ジャック・オー・ランタン」という名前がついています。

この名前の由来は諸説ありますが、一般的なのはアイルランドのジャックという主人公の話です。

ジャックは生前にさんざん悪いことをしてきました。

そのジャックは魂を取ろうと来た悪霊を騙して魂を取られないという約束を取り付けました。

しかしジャックは死んだ後に、生前悪いことばかりしていたので天国には行けず、魂を取らないという悪霊との約束のため、地獄にも行けなくなり、暗闇の中をさまよわなければなりませんでした。

真っ暗な中をさまようのに明かりが必要で、悪霊から小さな炎をもらいました。

この明かりを消えないようにとカブをくり抜いて、その中に入れたのが今のジャック・オー・ランタンの始まりです。

日本ではこのかぼちゃランタンをはじめ、悪魔(お化け)などのグッズや仮装用の衣装がお店やインターネットで数多く販売されています。

今ではグッズだけでなく、インターネットでイラストのダウンロードや折り紙の折り方の紹介サイトなどもたくさんあります。

今やジャンボ宝くじにも登場!

ハロウィンが日本に定着するようになると、宝くじにもハロウィンジャンボ宝くじというのが登場しました。

ハロウィンジャンボ宝くじはもともとオータムジャンボ宝くじとして発売されていたものが2017年からその名前を変えて売り出したものです。

宝くじに登場するほどハロウィンというものがメジャーなお祭りになったことを表しています。

今後もハロウィン熱はますます高くなっていくことでしょう。

まとめ~ハロウィンについて分かりましたか?

ハロウィンの起源からかぼちゃランタンの名前の由来、仮装からコスプレ、さらにはハロウィンジャンボ宝くじの話などさまざまなことについて紹介してきましたがいかがでしたか。

ハロウィンのことを詳しく知ると、これからのハロウィンの楽しみ方もまた違ってくるのではないでしょうか。

始まりは秋の収穫祭と宗教的な風習ですが、今や仮装したり、ハロウィングッズで部屋を飾ったり、ハロウィンイベントに参加したりと、お祭りとして楽しみましょう。

”熊本で開催されるハロウィンはこちら!!”

シェアする

フォローする