熊本市の動植物園を3倍楽しむ!!おススメ・夜間開園について

シェアする

熊本市の動植物園(以下動物園)は、夏休みには夜間開園があり、いつもとは一味違った動物園を楽しむことができます。

熊本在住の筆者は2018年の夏休みに行ってきましたよ!そのときの感想などについて今回は紹介していきます。

熊本市動植物園夜間開園の概要

【住所】熊本県熊本市健軍5丁目14−2
【アクセス】熊本市電「動植物園入口駅」から徒歩約15分
【営業時間】9:00~17:00(通常)~21:00(夜間開園)
【定休日】平日
【料金】高校生以上200円、中学生以下無料
【駐車料金】軽・普通車200円
【問い合せ番号】 096-368-4416

2018年の夏休み現在も平日は休みの土日のみの開園となります。一体いつになったら全面開放の通常営業になるのか…。

夜間開園は通常よりも4時間営業時間が伸び、21時までとなります。

料金ですが、部分開園になってからずっと200円です。駐車場の料金は少し離れた臨時駐車場でも取られます。

混雑しますので小銭を多めに持っていくことをおすすめします。

おすすめポイントは!?

動物園の夜間開園、おすすめポイントはいくつかありますが、最大のポイントは暑くないということです。

夏は暑い!今年は特に暑かった…。あまりの暑さに外に出たくなく室内に子供と引きこもっていた日ばかりでした。

あまりの暑さに動物たちも動かない…。

そんな中開催されている動物園の夜間開園は、私たち人間にとってもそして動物たちにとってもメリットがたくさんです。

太陽が沈むだけでこんなに涼しいなんてと思うこと間違いありません。

むしむしは夏なのでしますが、昼間の暑さを比べると余裕のよっちゃん(笑)

夜行性で普段はあまり活発な動きを見せない動物の活発な姿を見ることができたりと、なかなか楽しむことができますよ!

アトラクションは夜でも乗れるの!?

熊本市動植物園には、たくさんのアトラクションがあります。

またこれがいい場所にあるんで子供が乗りたがるんです…。もちろんアトラクションに子供と一緒に乗ってきました。

夜間開園でも現在運航しているアトラクションは乗ることができました。

結構な待ち時間で、恐らく昼間の倍以上の列ではないかと思います。

筆者たちはメリーゴーランドに乗ったのですが、10分近くは並びました。

アトラクションが混雑しているときは、一度にたくさんの人が乗ることができる回転率が高いアトラクションに乗ることをおすすめします。

夜の動物園で注意することは!?

熊本市動植物園の夜間開園ではいくつか注意して欲しいことがあります。

1つ目は、触れ合いタイムです。

動物園ではモルモットの触れ合いタイムがあるのですが、こちら時間は7時となっています。

時間を過ぎてしまうと触れ合うことができませんので時間には気を付けるようにして下さい。

2つ目は、迷子です。

夜は居なくなった場合探すのが困難となります。そのため迷子にならぬように気を付けましょう。

子供にはピカピカする腕輪(100円ショップにある)を付けてあげると目印になるのでおすすめです。

筆者が行ったときに付けている子何人か居ましたよ。

迷子にならないよう手をしっかり繋いで見て回るようにしましょう。

3つ目は、駐車場です。

夜間開園は大人気で、19時を過ぎると駐車場が満車になります。

臨時駐車場があるため車を駐車できないということはありませんが、入口まで結構歩きますので、行かれる方は早めの時間に行くようにしましょう。

夜間動物園に行こうと思ってる人は、18時頃がベストです。

これらの注意することを頭に入れて夜間開園に行きましょう!

まとめ

いかがでしたか!?夏休み中に開催された夜間開園。いつもの動物園とは違った雰囲気で楽しむことができる動物園は子供はもちろん大人も楽しめます。

熊本市動植物園の夜間開園が行われるときには、ぜひチェックしてみて下さい。

シェアする

フォローする