もらって嬉しい結婚内祝いのギフト

シェアする

結婚内祝いとは、結婚祝いを頂いた方への「お返し」が一般的な意味合いとされています。

いつ頃贈るものなのか、頂いた金額に対する贈りものの相場はどれくらいなのか、どんな品物を選べばよいか、悩まれる方も多いのではないでしょうか。

今回は、結婚内祝いについて基本的なマナーや決まりごとについて解説します。

ぜひ参考にしてみてくださいね。

*基本的なマナー

お祝いを頂いたらまずはお礼を伝えましょう。

贈りものやお金を頂いたら、基本的には必ずお返しをするものと心得ておきましょう。

お祝いの品を頂いたらリストを作って管理しておくと贈り忘れがなくなり安心です。

住所、氏名、頂いた金額を書いておきましょう。

お返しの送り忘れ等マナー違反をしないように注意!

いつ贈るか?

贈るタイミングは大事です。

基本的には頂いてから1ヶ月以内に贈るのがマナーとされています。

相手が忘れた頃に届くようでは「贈りものやご祝儀を喜んでいないのではないか」という余計な心配をかけてしまいます。

逆に、あまり早くにお返しが届くのも「贈りものやお金を今か今かと待ち構えていたのでは」という印象になってしまいます。

結婚式をしていないけどお祝いを頂いた場合

入籍してから1ヶ月以内

通常はご祝儀は結婚式の1ヶ月前〜1週間前に渡すが、それより早く頂いた場合は結婚式前にお返ししても構わない

*結婚内祝いの相場って?

内祝いは、頂いた金額の半分をお返しする「半返し」がマナーとされています。

ただし、高額のお祝いを頂いた場合は半返しするとかなりの金額になり、逆に相手を恐縮させてしまいます。「お返しにこんなにお金をかけて大丈夫?」と逆に心配させてしまうのです。このような場合は、お返しは3分の1程度に留め、それ以上に感謝の気持ちを伝える

行動で示しましょう。内祝いは少額にして食事の機会を設けたりというのもよいでしょう。

連名でお祝いを頂いた場合は、お祝いの金額を人数で割り、その金額の半分程度の品物をそれぞれの方に個別に贈るのがマナーです。

*結婚内祝いで人気の贈りもの

お菓子はもっとも一般的な内祝いです。

結婚内祝いらしい華やかなものを選ぶとよいでしょう。

人気なのは、

・ねんりんやのバームクーヘン

・資生堂パーラー

・千疋屋のフルーツゼリー などです。

日持ちする瓶詰め・缶詰のものもおすすめ。

・高級ドレッシング

・ジャム など。

タオルなどの日用品

・今治タオル 自分ではあまり買わないふわふわのタオルも不動の人気です。

もらって嬉しくなかったギフトには、

趣味に合わない雑貨や小物、新郎新婦の名前や写真が入った名入れギフト、嫌いな食べ物、

賞味期限が近い食べ物、すでにたくさん持っているタオルなどの日用品

このようなものが挙げられています。

がっかりさせないためにも「相手のことを考えて贈る」この気持ちが大切ではないでしょうか。

*結婚内祝いにカタログギフトがおすすめな理由

カタログギフトは様々なお祝いやプレゼントで選ばれるギフトです。

結婚内祝いとしては人気ナンバー1で「キング・オブ・内祝い」と言われるほど。

人気の理由は、自分で好きなものを選べること。普段はちょっと手が出せない贅沢なグルメを楽しめたり、「あれがいい」「これがいい」と家族の会話も増えますよね。

品物を選んだり申し込みが少し面倒という声もありますが、圧倒的な支持率を誇っているのは事実。

カタログギフトは、カタログにラッピングとのしをして贈ります。カタログギフトとお菓子をセットで贈る方も多いようです。

*のしの書き方

水引は「結び切り」一度結んだらほどけないことから結婚祝い、病気の快気祝いなど

二度と繰り返さないことに使います。

表書きは「内祝」あるいはお祝いに応じた「結婚内祝」とします。

のしの下段には、結婚後の新姓または、新姓の下に二人の名前を並べて書きましょう。

まとめ

いかがでしたか。

結婚内祝いのマナーを知っておくと、いつお祝いを頂いても困りません。

相手のことを考えて何を贈ろうか選ぶのも楽しいですよね。

感謝の気持ちが伝わるよう、心を込めて贈りましょう。

シェアする

フォローする